海外プリペイドカードや不動産担保ローンの利用法をmoneyしよ

Finance

有効に使う

限度額や金利の傾向について

Finance

まず、不動産担保ローンのメリットとは融資額が大きいことです。無担保ローンであると、銀行や消費者金融のカードローンを見ても最大で500万円の限度額です。ですが、無担保のカードローンで500万円満額借りている方はほとんどいないです。消費者金融でカードローンの最大限度額である500万円を借りようとしたら年収は最低でも1500万円は必要になります。そもそもそこまで年収があるなら消費者金融は利用はしないのですが、一般家庭の平均的な年収で500万円を借りるとなると、不動産担保ローンです。一戸建てを所有している方は、ただ居住用だけに使っているのは資産を有効に活用していないです。そういった資産を有効活用できるのが不動産担保ローンです。

こどもにかかるお金の準備

これまで子どもが産まれたら、教育費の準備となると学資保険で準備をするのがむしろ慣習になっている、教育費イコール学資保険が当たり前となっています。しかし、今の日本であると終身雇用の時代とは違いますので、学資保険は毎月一定額を積み立てる保険です。最大で18年間は積立てていきますが、以前であれば年功序列で収入が上がっていったものの、現代だとボーナスカットされる企業やリストラなどで収入が今後も安定するとは限らないです。そこで不動産担保ローンです。学資保険は教育費を準備するひとつの手段でしかないです。不動産担保ローンで教育費を準備することもできます。商品によっては教育ローンよりも不動産担保ローンの金利が低いものもあります。