海外プリペイドカードや不動産担保ローンの利用法をmoneyしよ

Finance

組みやすくなる

事業会社などで有利な融資が受けやすくなる不動産担保ローン

Finance

事業会社などでは保有する不動産を担保にする不動産担保ローンを組むことで、通常のローンより支払い金利などが有利となり得ます。不動産担保ローンは専門の金融機関で取扱いがありますが、明確な担保の裏付けがあるだけに金利が低く抑えられていたり、長期のローンを組めるなどの特徴があります。現在における金融機関では資金調達コストが非常に低いことから、ローン事業を強化する動きが出ています。そのため、事業者などでは不動産担保ローンを組みやすい環境が生まれています。また、日本ではデフレ脱却のために金融緩和を行っており、将来はインフレとなり不動産価格が上昇していく可能性が高いです。今後、不動産価格の上昇傾向が確認されれば、事業会社などではさらに不動産担保ローンの融資を受けやすくなることが期待されます。

ローンを受ける上で注意すべき点

不動産担保ローンは、あくまでも本人の所有する不動産が必要です。家族名義などの不動産では、不動産担保ローンの融資が受けられない点に注意したいです。また、専門の金融機関では、保有する不動産価値に見合った融資条件を提示しています。よって、担保にする不動産の価値が高いほどに高額の融資を受けられたり、3年以上の返済期間を与えられることに繋がります。しかし、近年の不動産担保ローンの専門業者では担保の不動産価値以外に話し合いによって、融資額などが決められる場合が出てきています。事業会社であれば、詳しい事業計画書を提出することによって希望する融資が受けられる可能性があります。金融機関が事業者の将来の収益を見込んで、不動産担保ローンの条件を融通する流れが起こっているからです。